ホーム » 職場での香水によるおしゃれは注意

職場での香水によるおしゃれは注意

プライベートはもちろん、職場でもおしゃれしたいと考える女性は多いです。

しかし仕事の内容によっては、おしゃれが問題を引き起こす可能性もあるので注意しなければなりません。

女性は職場でも、香水や香りのするボディクリームを身につけたいと考える人も多いでしょう。

しかし強い匂いがする香料を使用するのは問題があります。

特に看護師は、その仕事の性質上、香りの強い香水の使用は控えた方が無難です。

病院やクリニックなど医療機関では、病気を抱えた多くの患者が訪れますので、診察の際に、強い香りで患者の気分を悪くさせる可能性が考えられるからです。

また香水などの強い匂いが、病気の診断の妨げになるケースも否定はできません。

それでも夏のような暑い季節では汗を多くかくため、体の臭いが気になることもあるでしょう。

そこで体の臭いを消臭したいのであれば、できるだけ無香料の消臭剤を使用すると良いでしょう。

消臭剤の性能が上がり、長時間に渡り臭いの発生を抑える製品が増えています。

また汗はこまめにふき取ることで臭いの発生が極力抑えられます。

それでも、どうしても香水を使用したいのであれば香りのあまりきつくないような、自然な芳香のする香水を使用をおすすめします。

このような香りの問題は、看護師本人が進んで意識し対処する必要があります。

たとえ注意されていなくとも、患者や職場の同僚が香水の香りを不快に感じていることも多く、本人の自主的な心掛けが欠かせません。